カメラの買取査定ってどんなところを見られているの?

カメラの買取査定でチェックされるポイントはどこ?

日別: 2017年1月4日

買取査定のポイント

カメラの買取査定では、カメラのことを総合的にチェックされることになります。その際のチェックポイントは、たくさんあります。まず、外観をチェックされます。キズがついていたり、汚れがついていたりすると評価は悪くなってしまうでしょう。キレイな状態に保存されているならば、高い評価がされるのです。レンズやファインダーといった部分についても、状態が確認されます。

また、きちんとカメラとしての機能を果たすことができるのかも調べられます。ちゃんと作動しないカメラは、そのままの状態では利用することができないため、価値は落ちてしまうでしょう。故障している場合は、それを直すことによって再び使えるようにはなるのですが、やはり価値は落ちてしまいます。

そのカメラに、希少価値があるかどうかもチェックされることがあります。人気機種の場合は、多少状態が悪かったとしても価値が上がる可能性はあるでしょう。フィルムカメラの場合は、古いものであったとしても、逆に高値がつくこともあるのです。市場でどれくらいの価格で取引されるのかという点も、査定の基準となります。

上記のようなポイントを考慮したうえで、最終的にどのくらいの価値がそのカメラにあるのかが判断されることになります。